アシドフィルス菌とビフィズス菌との違い

MENU

アシドフィルス菌とビフィズス菌との違い

身体の免疫機能は、腸内に住み着いている腸内細菌に大きく左右されています。腸内細菌は、身体にとって良いものと悪いものを区別する役割を担っており、腸内の善玉菌の数が悪玉菌よりも多く、腸内環境のバランスが良い場合には、健康を維持することが出来ると言われています。

 

善玉菌の中には、アシドフィルス菌やビフィズス菌などがありますが、ここでは、アシドフィルス菌やビフィズス菌の違いについて、見ていきたいと思います。

 

性質に違いがある

アシドフィルス菌とビフィズス菌は、どちらも腸内に住む菌という共通点はあるものの、性質に違いがあります。アシドフィルス菌は酸や空気に強く、腸に生きたまま届きやすい性質を持っています。

 

そして、醗酵時には、乳酸のみを作り出すため、醗酵時のにおいなどにクセがありません。

 

ところが、ビフィズス菌は、酸や空気に弱く、例えば、乳製品などに加工された際に、短期間で多くの菌が死滅しやすいのです。さらに、ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出すため、醗酵時に味やにおいに独特のクセがあります。

 

生存期間に違いがある

アシドフィルス菌は、酸や熱に強いため、腸まで生きて届きます。さらに、生存期間が長いため、乳製品などに加工した際にも、ほとんど死滅することはありません。

 

この性質から、アシドフィルス菌は、様々な製品に加工がしやすいと言えます。

 

ところが、ビフィズス菌は、乳製品などに加工した際に、製造後1週間から10日程度で、ほとんどの菌が死滅してしまうため、乳製品などを通してビフィズス菌を体内に取り入れようとした場合、出来るだけ新鮮なものを選ぶ必要があります。

 

保存期間に違いがある

アシドフィルス菌は、温度に強く、ある程度の温度管理がなされている場合、製品に添加された状態でも、アシドフィルス菌が生きた状態のまま、製品の保存がきくことになります。

 

しかし、ビフィズス菌は、酸や空気に弱い上に、温度にも弱いため、製品に添加された状態での保存期間は短いと言えます。アシドフィルス菌とビフィズス菌は、同じ善玉菌であり、腸内に住む菌という点では共通点がありますが、こんなにも大きな違いがあるのですね。