腸内環境を整える方法

MENU

腸内環境を整える方法

腸内環境を整えることは、健康を維持するためにも大切なことです。腸内環境は、そのまま免疫機能にも関係しているため、腸内環境を整えることで、様々な症状や病気などを防ぐことにも繋がります。腸は毎日休むことなく働いて、日々取り入れているものを、消化して排泄までのプロセスを担っています。ここでは、腸内環境を整える方法を、ご紹介したいと思います。

 

食物繊維を多く取る

身体は様々な栄養素を取ることで、健康を維持しています。それと同時に、不必要なものを排泄することも、健康を維持する上で欠かせないことです。

 

栄養の吸収と排泄のバランスがうまく取れてこそ、腸内環境の状態が良いものとなりますが、便秘になると、腸内の悪玉菌が増えやすくなり、身体にも悪影響を及ぼすことがあります。腸内環境を整えるためにも、毎日の食事を通して、出来るだけ食物繊維を取るようにすると良いでしょう。

 

たんぱく質・脂質の多い食事を控える

腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在しており、善玉菌が多い状態であるほど腸の健康を保つことが出来ます。しかし、毎日の食事を通して、日々、腸内環境には変化が見られるため、食事の内容によっては、善玉菌と悪玉菌の数のバランスを崩してしまう場合もあります。

 

悪玉菌は、たんぱく質や脂質を多く含む食品を好むため、肉類などを多く取ることで、腸内の悪玉菌が増殖する場合もありす。悪玉菌が好む食品を出来るだけ控えめに取ることで、悪玉菌の数を抑えることが出来ます。

 

腸の善玉菌を増やす

腸内に善玉菌が増えることで、悪玉菌のマイナスの働きを抑えることが出来ます。腸内の善玉菌を増やすには、食物繊維取ることもひとつの方法ですが、善玉菌である、アシドフィルス菌やビフィズス菌などを含む食品を取るのも良い方法です。

 

特に、アシドフィルス菌は、酸や熱などに強い性質を持つため、腸に生きたままで届きます。このような善玉菌を身体に取り入れるためには、腸にしっかりと届くことが大切です。

 

腸内環境を整えるには、毎日の食事を通して、身体が必要とする栄養素を取り入れることが大切です。