腸内環境と免疫力との関係は?

MENU

腸内環境と免疫力との関係は?

免疫は、身体全体の健康を維持するための大切な防衛機能です。免疫機能が高いほど、身体が様々な病気にならずに済んでいるのですが、この免疫機能に深く関わっているのが、腸内環境です。

 

免疫細胞のほとんどが腸に集まっており、身体全体の免疫システムの約7割が腸にあると言われています。ここでは、腸内環境と免疫力について、見ていきたいと思います。

 

腸内の免疫の働き

腸内の免疫は、大切な働きを持っています。まず、腸内に入ってくるものの中には、細菌やウイルスなどが含まれます。そして、このような身体にとって有害なものは、まず腸で吸収されるという特徴を持っています。腸により多くの免疫細胞が集まっている理由は、腸から様々な細菌やウイルスが体内に侵入しないようにするためなのです。

 

免疫細胞は、腸から吸収されようとするものを、良いものか悪いものかを判断して、良いものは吸収し、悪いものは攻撃するという働きを通して、絶えず身体の健康を維持している状態なのです。

 

腸内環境と免疫力の関係

免疫力を上げるには、免疫細胞の働きを高めることが大切です。免疫細胞の多くは腸に集まっているため、それらの細胞の働きをより良い状態にするには、腸内環境を整える必要があります。

 

腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスが、腸内環境を左右しています。善玉菌の数が多いほど、腸の働きを整えて、免疫機能を高めます。そして、悪玉菌の数が多いほど、腸内での腐敗が起こりやすくなり、ガンの原因となる物質をより多く作り出します。

 

つまり、腸内の善玉菌の数を増やすことが、免疫力を上げるために必要なことなのです。善玉菌を増やすには、毎日の食事から、善玉菌を増やすための食品を取る方法があります。

 

善玉菌を増やす食品には、様々なものがありますが、必要な量の善玉菌を身体に取り入れるなら、善玉菌が直接配合されている乳製品などを取るのもひとつの方法です。

 

さらに、善玉菌の中には、酸や熱に弱いものがあるため、腸に生きて届く性質を持っているアシドフィルス菌が配合されたものであると、より効率よく善玉菌を取り入れることが出来ます。