アシドフィルス菌の副作用

MENU

アシドフィルス菌の副作用

アシドフィルス菌は、腸内環境を整える善玉菌の中で、酸に強い性質を持っています。

 

アシドフィルス菌は、腸内環境を整える働きを持っていることから、免疫を高めるサポートをすると言われています。アシドフィルス菌は、生きたままで腸に届きますが、腸内で安定させるためには、ペクチンの成分を同時に取ると良いとされています。ここでは、アシドフィルス菌の副作用について、見ていきたいと思います。

 

アシドフィルス菌はもともと体内にある

アシドフィルス菌は、人間の体内に存在している菌のひとつです。腸内には、善玉菌と悪玉菌が存在していますが、腸内で悪玉菌が増えると、腸内環境を悪化させるため、下痢などの症状が現れることがあります。また、腸内環境が乱れると、免疫力も低下すると言われているため、悪玉菌の働きには、副作用があると言えます。しかし、アシドフィルス菌は、善玉菌のひとつです。そのため、アシドフィルス菌そのものに副作用があるとは考えにくいと言えます。

 

アシドフィルス菌が配合されている製品の場合

アシドフィルス菌は、整腸をサポートするだけではなく、胃潰瘍の原因となるピロリ菌に対して、強い殺菌作用のある菌だと言われています。アシドフィルス菌は様々な働きを持っているため、健康食品などに配合されている場合もあります。

 

そのような製品は、1日の決められた量というものがあり、それを守る必要があります。効果を早く実感されたい方の中には、こうした製品の過剰摂取によって、稀に副作用が出る方もいらっしゃるかもしれません。

 

アシドフィルス菌は、酸に強いため、腸に生きたまま届く性質を持っています。このような特徴から、様々な製品に配合されることが多いようです。

 

さらに、多くの製品は、アシドフィルス菌が腸内で安定した働きをするような工夫がなされています。アシドフィルス菌が配合された製品には、それぞれの用法や用量があるため、それを守る必要があるでしょう。