ピロリ菌を除菌する方法はある?

MENU

ピロリ菌を除菌する方法はある?

ピロリ菌は、大人に限らず子供にも感染の可能性があるものです。

 

ピロリ菌は、体内に取り入れたものから、感染する菌のひとつで、胃炎や胃潰瘍などを引き起こす場合があります。ピロリ菌は、胃に住みつく特徴を持っており、活動的に動きまわることが出来る菌です。ピロリ菌は医療機関などを通して、除菌治療をする必要のあるものですが、ここでは、ピロリ菌の予防について、見ていきたいと思います。

 

食生活で予防する

ピロリ菌は、生水によって感染することがあります。抵抗力がある場合、感染しにくいかもしれませんが、体調によっては感染することもあるかもしれません。

 

毎日の生活の中で、規則正しく生活することを心掛けながら、栄養のバランスの良い食事を取ることで、抵抗力を身につけておくことが大切です。

 

さらに、食品の中には、いくつか殺菌効果のある成分を含んでいるものがあり、統計によると梅干を食べる習慣を持っている方にはピロリ菌の感染者が少ないのだそうです。そのほか、様々な研究などで殺菌効果のある成分を含む食品は、ココアなどがあります。

 

乳酸菌で予防する

乳酸菌は、腸内環境を整えるものとして、広く知られているものです。乳酸菌の中でも、アシドフィルス菌は、ほかの乳酸菌とは違う特徴を持っており、腸内だけではなく口腔などにも存在している菌です。酸や熱に強いため、生きたままで腸まで届きます。

 

アシドフィルス菌は殺菌作用を持っており、ピロリ菌に対して強力に働きかける特徴を持っています。多くの乳酸菌は酸に弱いため、胃に留まることが出来ません。しかし、アシドフィルス菌は酸に強いので胃の留まり、さらには腸までしっかりと届くのです。

 

ピロリ菌に感染すると、様々な症状が出る上に除菌するまで、その不快な症状が続くことのあるものです。健康を維持するためには、身体の免疫機能を高めることや、身体をサポートしてくれるものを食品などから取り入れることが大切です。