善玉菌・悪玉菌・中間菌の特徴

MENU

善玉菌・悪玉菌・中間菌の特徴

腸内には善玉菌と悪玉菌、それに中間菌というものが住みついています。中間菌は、善玉菌でも悪玉菌でもありませんが、腸内の環境が良くない時に、悪玉菌と同じような働きをします。

 

腸内環境は、主にこの3つの菌の数のバランスによって状態が変化します。腸内環境は、身体全体の健康を左右する大切なものであるため、出来るだけ善玉菌の数を多く保っておきたいものです。ここでは、善玉菌と悪玉菌の特徴について、見ていきたいと思います。

 

善玉菌の特徴

善玉菌には、乳酸菌・ビフィズス菌などがあり、腸内を酸性にします。

 

善玉菌には、数多くの働きがあり、身体に取り入れた食品の消化吸収をサポートしたり、腸内に住みついている悪玉菌の増殖を抑えたり、悪玉菌の働きを弱めます。

 

さらに、善玉菌は腸内環境を整えることから免疫機能を高めるため、その結果、身体の健康維持をサポートします。善玉菌には、数多くの種類があり、様々な特徴を持つものがあるため、肌トラブルの予防や細菌の感染予防など、そのほかにも様々なサポートをするものもあります。

 

悪玉菌の特徴

悪玉菌には、大腸菌・ウェルシュ菌・ユウバクテリウムなどがあり、腸内をアルカリ性にします。

 

このことから、悪玉菌は、腸内を腐敗させたり、発がん性物質などの毒性の強いものを生み出す働きを持っています。悪玉菌が繁殖すると、腸内環境が悪化することから、免疫機能が低下するため、身体に病気などを引き起こすことがあります。

 

中間菌の特徴

中間菌は、腸内環境によっては、善玉菌にも悪玉菌にもなる要素を持っています。

 

善玉菌が多い状態で腸内環境が整っていると、中間菌は、持っている特長の中でも良い方の特徴が出やすくなりますが、腸内環境が悪化している場合、悪い方の特徴が出やすくなます。

 

善玉菌と悪玉菌は、まったく正反対の働きがあります。生活習慣や食事などによって腸内環境が変わるため、出来るだけベストコンデションを保つためにも、日々、腸内環境をサポートする善玉菌などを増やす食品を多く取ると良いでしょう。